2009年02月19日

中川昭一大臣の辞任を巡って

 辞任への引き金となった会見前に、どうやら“酒席”が催されていたようです。

 ソコに、麻生政権発足以降、異様なまでに“必死”になって世論誘導されておられる方々の“一味”が加わっていたとか、いないとか・・・・・・。


 あらゆる、“関連画像”が削除されるという憂き目に会う中、ココに、その一部を保存しておきます。
続きを読む
posted by moto-umi at 04:08| Comment(51) | TrackBack(0) | ワケあり保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

シークレットモード

 前回の記事では、2007年8月の出発間際の忙しい中、いくつかのエントリを挙げた話をした。
 それは、自分のやっているコトを理解してもらおうとして。
 しかしながら・・・
 その“目論見”は水泡に帰した。

ダ〜レも読んじゃくれませんw


 今回は「その理由」を淡々と・・・・・・。

続きを読む
posted by moto-umi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WILL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

小栗旬と山田優って・・・?

小栗旬&山田優付き合ってた!相次ぐ目撃談、ネットでも騒ぎに
2008.5.8 09:44

 俳優の小栗旬(25)と女優の山田優(23)が交際していることが7日、分かった。

 2人は昨年10月にアニメ映画「サーフズ・アップ」の日本語吹替版のアフレコ収録で共演。さらに、小栗が初主演した今年1月期の日本テレビ系連ドラ「貧乏男子 ボンビーメン」に、山田がヒロイン役で出演。関係者によると、2度の共演で2人の距離が一気に縮まり、3月には熱愛関係に発展していたという。

 4月に入って2人が一緒に食事する姿がたびたび目撃され、ネット上で騒ぎになっていた。また、ドラマ関係者の間でも交際は広く知られていた。小栗の所属事務所は「プライベートなことなのでコメントはありません」。一方の山田の所属事務所では「仲のいい友人の1人と聞いています」としている。

 小栗はモデルの田中美保(25)と昨年5月に破局。山田も俳優の伊藤英明(31)と昨年破局していた。

続きを読む
posted by moto-umi at 07:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 電波 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

8月になった

 「6月出発」の予定は伸びに伸び、結局「8月」になってしまった・・・・・・。

 今振り返れば、「6月」には2本の記事を書いており、その2本目の「記事カテゴリについて」を読むと、この時点で“完璧”と言えるほどの「カテゴリ分け」がなされていることに、我ながら驚く。何せ、「電波」すらこの時点で発する予定だったと言うのだからw
 まあ・・・
 「今」考えれば、コレは何も不思議なことではない。そもそも、予定では本気で6月には出発する予定だったのだから・・・・・・。


 紆余曲折を経て出発を決めた、「8月」。
 大峯奥駆道における寺院の「戸締め」も迫っていたから、この時期での出発を逃すわけにはいかなかったのだ。

 そんな切羽詰った状況の中で、いくつかのエントリを挙げた。
続きを読む
posted by moto-umi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WILL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

始まりは「6月」だった

 このブログでの“活動”を改めて検証してみると、ブログに登録(IDを取得)したのが「6月9日」、最初の記事は「6月14日」に書かれている。

 その、6月14日に書かれた最初の記事は『ご挨拶』という題名で、このブログの大まかな内容の説明と「『題名』の由来」なんてモノについて書いている。

 その中でも、私が最も重視することとして、以下のことを書き記している。
再出発の目途が立った今回、この『四国・小辺路・奥駆道、踏破記』では残された四国霊場を巡り、高野山・奥ノ院へと参拝することを第一義として、旅程を組み立て、また記事投稿を行っていくことにしたい。
 換言すれば、これは「『海の遍路日記』の続き」である。
続きを読む
posted by moto-umi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WILL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

4月1日に

 人間に“生”を受けて、早17年・・・・・・。

 「打倒『コリラックマ』」を旗印に「ヤンチャナマイニチ」を送ってきたオレ様も、いよいよ卒業の時が近づいてまいりましたよ。


 振り返れば、このブログに来たのが昨年の「6月」。
 そこから“シークレットモード”で更新を始めたのが「8月」。
 怒涛のリアルタイム更新を終えたのが「9月」。
 “雲行き”が怪しくなってラーメンに手を出し始めたのが「12月」。
 ひた隠しにして来た、“保守”の馬脚を現し始めたのが「1月」。

 そして、“決断”の「4月」を迎えるに至りました・・・・・・。
続きを読む
posted by moto-umi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WILL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

「疑惑の銃弾」再び

 おそらく、今日以降、このニュースについては、瞬間的に「過熱報道」されるのではないか?

「ロス疑惑」三浦容疑者 殺人容疑で逮捕
2008.2.23 23:15


 【ロサンゼルス=松尾理也】米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は23日、昭和56(1981)年に起きた銃撃事件などをめぐる「ロス疑惑」で殺人罪に問われながら、その後無罪が確定した神奈川県平塚市の会社役員、三浦和義容疑者(60)が妻・一美さんに対する殺人などの容疑により逮捕されたと伝えた。日本政府関係者も非公式に事実関係を確認した。

 同紙によると、三浦容疑者は22日、米国領土のサイパン島の空港で逮捕された。ロス捜査当局は身柄の引き渡しを求めているという。

 三浦容疑者は日本で殺人罪に問われ、1審で無期懲役の有罪判決が下されたものの、2審で無罪となり、平成15(2003)年に最高裁で無罪が確定。その後、ロス市警の未解決事件担当班が捜査を進め、三浦容疑者がサイパンに入るとの情報を得て、グアムとサイパンの当局者と捜査協力をしていた。

ロス銃撃・殴打事件
 1981年11月、米国ロサンゼルス市内で三浦和義容疑者の妻一美さんが頭に銃撃を受け、約1年後に死亡、一緒にいた三浦容疑者も左足に重傷を負った。84年、週刊文春の連載「疑惑の銃弾」をきっかけにマスコミが保険金殺人疑惑として報道。警視庁は85年9月、銃撃事件の3カ月前に一美さんがロス市内でハンマーのようなもので殴られけがをした殴打事件の殺人未遂容疑で三浦容疑者らを逮捕。88年11月に東京地検が銃撃事件の殺人罪で起訴した。殴打事件は98年9月、三浦容疑者の実刑判決が確定し、01年1月に刑期満了。銃撃事件は一審で無期懲役だったが、二審は逆転無罪に。最高裁も03年3月に検察側の上告を棄却し、無罪が確定した。



続きを読む
posted by moto-umi at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ワケあり保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

反社会勢力

 チョッとばかりご無沙汰しておりましたが、そこからの復帰一発目の記事がこの題名では、このブログの存続自体が怪しまれるってモンでございましょうかw


 さてさて、この記事のカテゴリは「ワケあり保管庫」ですので、“余計な解説”は一切抜きで逝かせていただきますよ。


 そもそも、現代の「格闘技界」にとって、先ごろ急死(?)なされた「百瀬博教氏」が、その世界でどのような「役割」を演じてきたのか・・・、その“一端”を、以下の引用から感じ取っていただきたいのだ。

続きを読む
posted by moto-umi at 09:02| Comment(4) | TrackBack(0) | ワケあり保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

ラーメンブログ王 決定戦

 『東洋水産』の協賛で、『Yahoo!』が行っておりました『ラーメンブログ王 決定戦!』が発表となりましたよ。



 オレ様のブログも「人賞」とか「きちが胃部門」とかでノミネートされているかと思いきや、全く箸にも棒にも引っかからなかったようで、寒い冬の早朝、ナイフ片手に手首をジッと見つめて動かない、オレ様がいるって状態でございますよw

続きを読む
posted by moto-umi at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の電波 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

間もなく蘇民祭



注目高まる「蘇民祭」 ・・・ 18:47 更新


男たちが蘇民袋を奪い合う五大尊蘇民祭が花巻市の光勝寺で行なわれました。
祭りには奥州市の黒石寺の蘇民祭のポスターで話題となっているあの男性も現れました。花巻市石鳥谷町に伝わる「五大尊蘇民祭」は五穀豊穣・無病息災を願う伝統行事で800年以上の歴史があります。花巻市は、黒石寺の蘇民祭のポスターのモデル、佐藤真治さんの地元で、例年祭りに参加していましたが、今年は見守るだけ。佐藤さんは「お祭りに支障をきたしてはいけないので静かにしようという気持ちがあるんで、ここは裸にならないでお祭り、蘇民祭とはなんなのか私なりに答えを出せる様頑張りたい」と話していました。ポスター騒動で注目を集めたとあって、境内には大勢の観客とマスコミが詰め掛け、午前10時40分に蘇民袋の争奪戦が始まり、境内は熱気に包まれていました。今夜からあすの朝にかけては、佐藤さんも参加する奥州市の黒石寺の蘇民祭が行われますが、報道陣の取材も加熱気味でテレビ・新聞・雑誌すでに46の取材班から取材の申し込みがあるということです。


続きを読む
posted by moto-umi at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 電波 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。